迫りくる犯罪者に家庭用防犯カメラで鉄槌を喰らわせろ!

サイトマップ
home security camera

賃貸物件の場合は許可をとりましょう

カラフルな家

自分で所有している家に家庭用防犯カメラを設置するのは全く問題無いですし誰の許可も必要ありませんが、中には賃貸物件でも安心して生活をしたいと考えている人もいるでしょう。賃貸物件に家庭用防犯カメラを設置する場合は、解決をしないといけない問題がいつかあるので、しっかりと確かめて解決をしてから家庭用防犯カメラを設置するようにしましょう。
まず覚えておかないといけないのは、賃貸物件の場合は許可が必要と言う部分になります。賃貸物件で生活をしていると、自分が所有をしている家だと勘違いをしてしまう人もいます。確かに生活をしているのは契約をした人かもしれませんが、その物件は所有者の物になります。自宅に設置をする場合は物件の所有者に確認をしないといけません。つまり一度不動産業者に足を運んで、家庭用防犯カメラを設置して良いか質問をするようにしましょう。
安心して生活をするためなので、問題無く設置の許可をもらえる場合もありますが、中には設置してはいけないと言われてしまう場合もあります。なぜかと言いますと、壁に穴をあけないといけない場合もあるからです。配線をする事ができそうな穴がある場合は良いですが、無い場合は工事をして壁に穴をあけないといけません。許可無く行ってしまうと退去の際にトラブルになるので気を付けましょう。

TOP